料理

プロが教えるパイナップルの扱い方


2021.08.24

皮でバスケットをつくり、飾り切りしたパイナップルを盛り付けて。下準備とつくり方はテキストに掲載しています 撮影:三浦英絵

旬のフルーツは、味わいはより甘く、みずみずしく、種類もどんどん増えています。今こそおうちでフルーツ生活! 知って得するプロのコツを、フルーツクチュリエ(フルーツを熟知した人)の森山登美男(もりやま・とみお)さんが毎月お届けします。第5回は、見た目がチャーミングな南国フルーツのパイナップルです。

 

*  *  *

 

甘さと香りが弾けます

パイナップルの魅力は、ジューシーで甘い果肉と、香りです。フィリピン産ゴールデンパイナップルは一年中楽しめますが、沖縄県産は5月から8月上旬が収穫時期。最近の人気はスナックパインで、指でさいて食べられることから、その名がつきました。果肉が柔らかく芯の部分まで食べられます。

 

色と香りで見極める

 

パイナップルは葉の色が濃く、しっかりしているものが新鮮。さらに実の部分がふっくらとして、表面の緑色が黄色みを帯びたものを選ぶと、ほぼハズレがありません。甘い香りも完熟の合図ですが、香りが強すぎるときは熟しすぎの場合もあるので注意を。

 

実の下の部分が甘い

 

いちばん甘いのは実の下の部分。丸ごと保存する場合は、葉の上部を切って逆さにしておくと、甘さが均一になります。野菜室か、風通しのいい涼しい場所に置きましょう。

 

■『NHKきょうの料理』2021年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)