料理

すいかは見た目と音で選ぶ


2021.07.26

撮影:三浦英絵

旬のフルーツは、味わいはより甘く、みずみずしく、種類もどんどん増えています。今こそおうちでフルーツ生活! 知って得するプロのコツを、フルーツクチュリエ(フルーツを熟知した人)の森山登美男(もりやま・とみお)さんが毎月お届けします。第4回は、夏になったら食べたくなる真っ赤なすいかです。

 

*  *  *

 

旬は長〜いです

 

あふれ出す水分とシャリシャリの食感から、真夏のイメージがあるすいか。南北に長い日本では、熊本県産(収穫量全国1位※)が4月ごろから店頭に並び、6〜7月に千葉県産、7〜8月に山形県産が収穫のピークを迎えて、長い期間、楽しむことができます。(※農林水産省「令和元年産作物統計」より)

 

 

「1000℃(積算温度)を越えたすいかは甘い」といわれ、カラリとした晴れの日が続く暑い年のほうが、おいしくなるそうです。

 

最近は冬にもオーストラリア産やメキシコ産が出回り、一年中食べられるという状況に。しかもおいしい! すいかラバーにとっては、うれしいことですね。

 

見た目と音で選ぶ

 

すいかは追熟しないため、完熟状態で収穫します。選ぶ際は、カットすいかは果肉がジューシーで種の色が濃いものを。丸ごとの場合はずっしりと重く、しま模様がはっきりして皮に張りがあるものを選びましょう。軽くたたくと「ポンポン」と弾んだ音がするのも、おいしさの合図。赤いすいかは濃厚な甘さで、黄色のものは少しさっぱりとした味です。

 

真ん中がいちばん甘い

 

すいかは中心がいちばん甘くておいしい部分。切り分けるときは中心から放射状に切ると、平等に甘い部分が入り、みんなが笑顔に。

 

※テキストではおいしいすいかの切り方を紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理』2021年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)