料理

プロが教えるマンゴーの選び方


2021.07.14

飾り切りしたマンゴー 撮影:三浦英絵

旬のフルーツは、味わいはより甘く、みずみずしく、種類もどんどん増えています。今こそおうちでフルーツ生活! フルーツクチュリエ(フルーツを熟知した人)の森山登美男(もりやま・とみお)さんが、知って得するプロのコツを毎月お届けします。第3回は、濃厚な甘みのあるトロピカルフルーツのマンゴーです。

 

*  *  *

 

今をときめくマンゴー

 

昔マンゴーは、トロピカルフルーツというくくりでの輸入が主でしたが、2007年頃から当時の宮崎県知事の宣伝が功を奏し、甘くてなめらかな国産マンゴーに注目が集まりました。最近はメキシコ産やタイ産マンゴーの品質が上がり、バランスのいい味わいに。さらにパフェブームで食べる機会が増え、マンゴーの人気は、桃、いちご、ぶどうなどと肩を並べています。

 

弾力が出たら食べ頃

 

マンゴーは、張りとつやがあって色のきれいなものを選びましょう。保存は常温で。表面を軽く押して弾力を感じたら、熟したサインです。そのまま食べてもおいしいですが、食べる3時間前に冷蔵庫で冷やしても。

 

マンゴーは三枚おろしで切る

 

マンゴーの中央には厚さ約1㎝の平たい種があるので、魚の三枚おろしのように種に沿って上下の果肉を切ります。種に残った果肉はかぶりついて。

 

※テキストではマンゴーの下準備、飾り切りの方法を紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理』連載「フルーツがおいしくなる プロのコツ、教えます!」2021年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000061992972021_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんのおうち和食100レシピ

2021年05月19日発売

定価 1100円 (本体1000円)