料理

お菓子づくりが驚くほどラクに! ポリ袋でできる5つのこと


2021.06.08

サクサクのクッキーもポリ袋1枚で! めん棒もいりません 撮影:豊田朋子

ポリ袋を利用すれば、特別な道具は必要なし。準備や作業、後片づけもびっくりするほどラクになります。菓子料理研究家の稲田多佳子(いなだ・たかこ)さんが、ポリ袋を使うメリットと合わせてご紹介します。

 

*  *  *

 

1 計量

 

ボウルにポリ袋をセットしてデジタルスケールにのせ、材料を次々と計量しながら加えていきます。ボウルはポリ袋を安定させるために使うだけなので、洗い物が少量ですみます。

68273052021_p006_01

 

2 ふるう

 

粉類を入れたポリ袋の口を3 ~ 4回ねじって閉じ、しっかりと指で押さえながら、上下左右に15 ~20 秒間、50 回以上を目安にふります。粉類がよく舞うように、袋に空気を入れてハリを持たせ、底に手を添えてふるのがポイント。これで粉をふるう作業は完了です。

68273052021_p006_02

 

3 混ぜる

 

粉類をふるった後、液体の材料をポリ袋に加えて再び袋の口を閉じ、ふり混ぜたりもみ混ぜたりして生地をつくります。ボウルでつくる場合は、泡立て器やゴムべらが必要になりますが、ポリ袋ならどれも必要ありません。

68273052021_p006_03

4 まとめる

 

クッキーやピザなどの生地は、粉類と液体を合わせてふっているうちに、自然と袋の中でまとまってきます。生地を均一にまとめる作業もポリ袋を使って行うので、キッチンが汚れたり、散らかったりせず、とってもラク。

68273052021_p006_04

5 流し込む

 

マフィンやケーキなどの、ゆるめの生地を型に流し入れる場合は、ポリ袋の角を少し切り、絞り出し袋のようにして使います。切る幅によって、絞り出す量を調節できるのがメリット。ベタベタのボウルやゴムべらなどの洗い物から解放されます。

68273052021_p006_05

 

イラスト:朝野ペコ

 

※シュガーバタークッキーのつくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKまる得マガジン ポリ袋でかんたん! ふりふりおやつ 』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)