料理

後片づけもラクラク! カップ1/2の油で揚げ物


2021.06.20

撮影:野口健志

料理研究家、栄養士の小田真規子(おだ・まきこ)さんの連載「元気なシニアの野菜たっぷり2品献立」。栄養のバランスや減塩、エネルギーオフに配慮しつつ、後片づけもラクな簡単メニューを紹介しています。5月号は、カップ1/2の油でできる「さけと野菜の竜田揚げ献立」です。

 

*  *  *

 

揚げ物は油の処理が面倒だから、買ってくることが多いわ、という方も多そうですね。でも、たったカップ1/2の少ない油でできるなら、揚げたてのおいしさを味わいたくはありませんか?

 

主菜:さけと野菜の竜田揚げ

 

しょうがの香りと油の香ばしさが食欲をそそります。野菜の水分が油に出てしまうので、さけから先に揚げ焼きにしましょう。小さめのフライパンを使えば、カップ1/2の油で十分に揚げ焼きにでき、ちょうどよく使いきれます。

06461052021_p120_01

 

副菜:レタスとわかめのおひたし

 

乾燥カットわかめで、手軽にミネラルを補給! わかめはレタスの水分で自然に戻り、柔らかくなります。

06461052021_p120_02

 

この手順でつくりやすさアップ!→下味をつけている間に副菜をつくる

 

1 主菜のさけと野菜を切り、下味をつける

 

 

まずは小鍋に、レタスをゆでる湯を沸かしはじめます。湯が沸く間に、主菜のさけと野菜を切って調味料につけます。野菜には、サッとからめればOK。

 

2 レタスをゆでて副菜をつくる

 

副菜のレタスを手で大きく裂き、小鍋の湯に入れて30秒間ゆでます。ざるに上げ、わかめを乾燥したまま加えて混ぜ合わせます。

 

3 さけと野菜を揚げ焼きにする

 

揚げ油を熱し、さけ、にんじんとピーマンを順に揚げ焼きにします。あとに残る油はわずか。後片づけは、油が冷めてから紙タオルで拭き取るだけで簡単です。

 

※詳しいつくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』「元気なシニアの野菜たっぷり2品献立」2021年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000061992972021_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんのおうち和食100レシピ

2021年05月19日発売

定価 1100円 (本体1000円)