料理

お弁当箱からエスニックな香り レモンライス弁当


2021.05.26

ターメリックで色づいた炊きたてごはんに炒めた材料を混ぜる。撮影:安部まゆみ

「レモンライス」は南インドのお米料理。エスニックな味はハードルが高そうと思いきや、材料さえそろえれば意外にお手軽! スパイシーな香りが食欲をそそり、ランチタイムが待ち遠しくなります。

 

*  *  *

 

高いビルに囲まれた、東京・渋谷の坂の途中にあるわずか一坪の小さな店。テイクアウト専門、メニューは「レモンライス」のみながら、ランチタイムには行列ができるほど連日にぎわっています。

 

レモンライスは南インドの家庭料理ですが、オーナーであるミュージシャンの小宮山雄飛(こみやま・ゆうひ)さんが、日本流にアレンジ。インディカ米ではなく、日本のお米を使うなど、渋谷発のオリジナル・レモンライスとなっています。

 

「一坪という限られたスペースで作業するので、手順が大事です」と、調理・販売をひとりで担う、スタッフの南雲菜穂子(なぐも・なほこ)さん。

 

炊飯器に米、押し麦、水をセット。一緒に砂糖、ターメリック、ナムプラーを炊き込みます。

 

「ナムプラーはだしのような役割。ごはんにうまみがプラスされます」

 

ごはんを炊いている間に、熱した油でスパイス類を炒めるテンパリングの作業を開始。材料はインドのスパイス「ヒング」、おろししょうが、マスタードシード、ピーナッツ、インドの豆「ダル」。

 

「サラダ油を熱し、最初にヒングから炒めます。ナッツ類は焦げないように気をつけて、香ばしく炒めます」

 

火を止めて、レモンオイルを加え、炊きたてのごはんに混ぜれば完成です。

 

食べる直前に、そえられた輪切りのレモンを搾ることで、フレッシュな風味が口の中に広がります。他に副菜として、インドの漬物であるたまねぎの「アチャール」、大根のバジルピクルス、パクチー、辛味のチリソースがそえられています。また、別の容器に入ったチキンのカレーソースもセットになり、お店ではこれらを全部含めたものをレモンライスと呼んでいます。

 

ライスはそのまま食べてもよし、副菜と一緒に食べるもよし、ソースをかけてもよし……と、いろいろな食べ方ができます。ナッツ類の香ばしさ、ピリリと効いたスパイス、レモンの爽やかさがつくるおいしさのハーモニー。

 

新しい味との出逢いをお弁当づくりに生かし、バリエーションを広げましょう

 

家でつくる たこ入りレモンライス

 

南インドの家庭料理、レモンライスをつくりやすくアレンジ。たこを加えてうまみもたっぷり。食べる直前にもレモンを搾って風味よく。ほどよい酸味のピクルスが好相性です。

 

62288152021_p088_01

撮影:安彦幸枝

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHK伝統と革新!すぐ使えるお弁当大百科』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)