料理

プロが教える! いちごをおいしく食べるコツ


2021.04.28

撮影:三浦英絵

旬のフルーツは、味わいはより甘く、みずみずしく、種類もどんどん増えています。今こそおうちでフルーツ生活! フルーツクチュリエ(フルーツを熟知した人)の森山登美男(もりやま・とみお)さんの新連載「フルーツがおいしくなる プロのコツ、教えます!」では、知って得するプロのコツを毎月お届けします。第一回は、野菜に分類されるのに、フルーツの女王的存在の いちご です。

 

*  *  *

 

いちごの種類、増加中です

 

いちごは各産地が甘さや大きさを競い、ご当地ブランドが続々登場しています。約300 品種もあるいちごの収穫量(※)1位は栃木県。なかでもとちおとめは約20年以上も人気の品種です。甘みのほか酸味が際立ち、生クリームと好相性。2位は福岡県。それを追うのが熊本県。2015年に誕生したゆうべには熊本県にのみ存在する品種で、大粒で柔らかく、ジューシー。うっとりする甘さで人気も急上昇中です。

 

※ 農林水産省「平成30年産作物統計」より

 

次は静岡県。紅ほっぺは、バランスのいい味としっかりした果肉で食べごたえも満点です。ぜひ食べ比べて、お気に入りの品種探しを。いちごをもっと楽しんでください。

 

追熟させず、すぐに食べる

 

いちごは店頭に並んだときが、おいしさのピーク。購入後はすぐに食べましょう。冷やしすぎると、甘さや香りが閉じこもるので、ほどほどに。

 

いちごはフォークで食べる!?

 

そのまま食べてもいいですが、スライスや飾り切りをすると、デザートに変身。器に盛ってフォークで食べるとフルーツの域を超えた一皿になりますよ。

 

※テキストでは、いちごの飾り切りの方法を紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理』2021年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)