料理

家族みんなで楽しめる 辛くない韓国料理


2021.05.03

撮影:木村 拓(東京料理写真)

料理研究家のキム・ナレさんがシニアや子どもなど家族みんなで楽しめる、辛くない韓国料理を紹介します。どのレシピもご飯によく合い、いつもの献立に取り入れやすい味わいです。

 

*  *  *

 

辛みをつけない韓国料理は、日本の家庭料理になじむ味です

 

私は日本で暮らすようになって、辛くない韓国料理は和食によく似ていると気がつきました。韓国もしょうゆベースの料理が多く、日本人にも親しみやすいと思います。にんにくやごま油をたっぷり使ったり、塩のかわりに魚醤(しょう)や塩辛を使ったりするのが、和食との違いでしょうか。韓国のしょうゆは日本のものと少し違いますが、濃口とうす口を混ぜて使うと、近い味になります。

 

今回は辛みのかわりに果物やジャム、ナッツで香りや食感のアクセントをつけてメリハリを出しました。コチュジャンは隠し味程度に加えてコクだけをつける使い方もできますので、あれば使ってみてください。

 

スーププルコギ

 

汁だくに煮て、スープごと楽しむプルコギです。春雨やうどんを加えたり、ご飯にかけて牛丼風に楽しんだりするのもオススメ。

06461042021_p170_01

 

白身魚のユッケ風

 

りんごの酸味がアクセントの爽やかなユッケです。白身魚はまぐろや牛肉のたたきにかえてもおいしい。

06461042021_p170_02

韓国風ハンバーグ

 

ひき肉にしっかりと味をつけて焼き、ソースはかけずにいただきます。食感のアクセントになるごぼうは、棒状の韓国餅にかえても。

06461042021_p170_03

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2021年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)