料理

何に気をつけるべき? 防災食のキホンQ&A


2021.03.15

イラスト:ひしだようこ

備えても不安は尽きない防災食。素朴な疑問や不安に危機管理アドバイザーの国崎信江(くにざき・のぶえ)さんがお答えします。

 

*  *  *

 

Q 停電したら、冷蔵庫の中のものはどうすればいいでしょうか?

 

停電しても冷蔵庫を開けなければ、中の食材は3日間程度はもつといわれています。開く回数をなるべく最小限に。100円ショップなどで売っているビニールカーテンを冷蔵庫内につけておくと、冷気が逃げにくくなりますよ。また、常に製氷機は満杯の状態にしておきます。傷みやすい生ものはポリ袋に入れた氷とともにクーラーボックスに移しましょう。

Q いつの間にか、ストック品の賞味期限が切れてしまいます……。

 

非常時のストック品は、いつも食べるものや自分の好きなものにしましょう。それなら、日常の中で自然と手がのびるはず。大量に購入するのではなく、たくさんの種類を少しずつ買っておいて、食べてなくなったら買い足す、というように、日々の中で回していくのが理想です。「食べる備蓄」、「家庭内流通備蓄」などと呼ばれます。

 

Q 非常時の食事に関して気をつけることはありますか?

 

最も注意するべきは食中毒です。非常時は賞味期限にかかわらず、食べられる食材・食べられない食材の判断が命を分けることも。日常から自分の感覚を養い、におい・色・手触りなどから、“傷んでいる状態”を見極められるようにしましょう。また、カセットコンロを使う場合は、一酸化炭素中毒にならないよう、換気に気をつけてください。

 

監修・危機管理教育研究所代表 国崎信江

 

■『NHKきょうの料理』2021年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)