料理

つくりおき副菜で不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維を補う


2021.03.21

わかめのクタクタ煮をアレンジした卵入りわかめスープ 撮影:木村 拓(東京料理写真)

台所に長時間立つのがつらい、料理をつくるのが面倒……。そんなときにおすすめしたいのが、つくりおきできる副菜です。そのまま食べてもおいしく、アレンジも簡単。料理研究家で管理栄養士の藤井恵(ふじい・めぐみ)さんに、不足しがちな栄養素がしっかりとれる、便利なつくりおきとアレンジメニューを紹介してもらいました。

 

*  *  *

 

不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維を

 

外食が続いたり、偏った食事をしているとビタミン、ミネラル、食物繊維が不足気味になります。これらの栄養素が不足すると代謝がうまく行われず、疲れやすい、免疫機能がうまく維持できないなど、体に悪影響が出てきます。特に食物繊維の不足は腸内環境が悪くなる原因にもつながるので気をつけましょう。

 

つくりおきの副菜で栄養素を補う

 

ビタミン、ミネラル、食物繊維は野菜や海藻類、豆類に多く含まれています。そこで、これらの栄養素がしっかりとれる副菜をストックするのがおすすめです。例えば、にんじんなどの緑黄色野菜や海藻類は、油で調理するとβ(ベータ)- カロテンの吸収がよくなります。また、ビタミンCは加熱に弱いので、短時間で調理しましょう。

 

わかめのクタクタ煮

 

わかめがトロリと柔らかくなるまで煮るのがコツ。スープの具にしたり、納豆や長芋に混ぜたりしてもおいしい。

 

 06461032021_p120_01

 

きのこと大豆の塩酒蒸し

 

豆は大豆のほかミックスビーンズやひよこ豆でも。きのこは好みのものでOK。サラダの具、肉や魚料理の付け合わせにも活用できます。

 06461032021_p120_02

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』連載「シニアの元気はここから!からだ応援レシピ」2021年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)