料理

ご飯がすすむ鶏肉おかず


2021.03.25

お好み焼き風から揚げ 撮影:豊田朋子

料理研究家、栄養士のナカムラチズコさんが、鶏肉を部位別に、ご飯によく合う味つけにしたレシピを紹介します。毎日鶏肉続きでも飽きません! しっかりとした味なので、お弁当のおかずにも。

 

*  *  *

 

肉のなかでもくせのない鶏肉をご飯がすすむ、しっかり味に!

 

私は魚も好きですが、どちらかというと、肉のほうが好きです。肉を食べると、体の内側からパワーが湧いてくるのを感じます。特に鶏肉は内臓も含めて部位が多いし、手に入りやすくて値段も手ごろ。くせが少なく主張しすぎないので、ほかの食材や調味料の味を上手に受け入れてくれます。毎日のおかずに取り入れやすい食材ですね。

 

今回は、鶏肉をよく焼いて香ばしさを出したり、濃いめの甘辛い味にしたり、スパイシーな風味をつけたりして、ご飯に合うおかずにしました。肉自体がしっとり柔らかく食べられるように、調理にもひと工夫しています。

 

もも肉で! お好み焼き風から揚げ

 

お好み焼きとそっくり味のから揚げです。鶏肉は小さく切るので短時間で揚がり、子どもやシニアでも食べやすいですよ。

 

 06461032021_p146_01

 

むね肉で! 鶏肉のカレーめんつゆ治部(じぶ)煮

 

そば屋さんのカレーに似た、和風のやさしい味わい。鶏肉はツルンと口当たりよく、しっとり柔らかです。

 

 

ささみで! レンジよだれ鶏

 

「よだれが出るほどおいしい」が名前の由来といわれる、中華料理の人気メニュー。本来は花椒粉で辛みをつけますが、粉ざんしょうで代用します。

 

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』連載「わたしの十八番(おはこ)レシピ」2021年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)