料理

白いご飯に合う最高のおかずは「3:3:3:1の法則」で


2021.02.22

撮影:木村 拓(東京料理写真)

料理研究家のしらいのりこさんが、「きょうのおかずは何にしよう」と迷ったときに活用するのが、「3:3:3:1」の法則。ご飯に確実に合う味つけが、おもしろいほどピタリと決まります。

 

*  *  *

 

「今晩のおかずに困ったときは、迷わず3 :3 :3 :1。この法則で味をつけると、どんなおかずも確実ににご飯に合います」

 

ご飯をおいしく食べる、しらいさんの基本の味つけは、しょうゆ:酒:みりん:きび糖(または砂糖)=3 :3 :3 :1。この割合で味をつけると、ご飯との相性は天下無敵です。

 

れんこんと鶏肉の甘辛炒め

 

れんこんはサックリ、鶏肉はジューシー。3:3:3:1の甘辛だれがよくからまって、ご飯がすすみます。好みで仕上げに粉ざんしょうで香りと辛みを加えても。

 

 12039022021_p008_01

豚バラ大根

 

豚バラ肉と大根、鉄板コンビの甘辛煮です。大根はレンジ蒸しにしてから火にかけると、味がしっかりしみ込みます。

 12039022021_p008_02

 

揚げ長芋とさけの甘辛がらめ

 

長芋とさけを揚げて、香味野菜で香りと辛みを効かせた甘辛だれをからめます。3:3:3:1の甘辛だれがよくしみておいしい。長芋は大根にかえても。

 12039022021_p008_03

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2021年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)