料理

華麗なる味変! 人気急上昇のスパイス「花椒粉」


2021.02.17

撮影:原ヒデトシ

近年の辛いものブームの波に乗り、急激にファンを増やしているのが、中華スパイスの花椒粉(ホワジャオフェン)。その知られざる魅力を中華料理店店主の吉田勝彦(よしだ・かつひこ)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

花椒粉って、どんなスパイス?

 

マーボー豆腐や担々麺、よだれ鶏といった四川料理人気の広がりとともに、一気に認知度が高まっている花椒。中華料理店のメニューで見かけたことがある人も多いのでは? 花椒は山椒と同じミカン科サンショウ属の植物ですが、かんきつのようなスッキリした香りと上品な辛みの山椒に対し、「花椒の香りは、ひと言でいえば爽快感MAX。辛さは舌がしびれるほど刺激的」と吉田さん。そう、花椒は強烈な個性ゆえに、一度ハマったら後戻りできない、“沼スパイス”なのです。

 

そんな花椒を手軽に使えるのが、粉状の花椒粉。吉田さんいわく、「料理の仕上げにふるだけで、お店のような本格味に早変わり! 華麗なる味変こそ、花椒粉の真骨頂です」。さらに、花椒粉を料理にプラスするとうす味でも満足感が出るので、減塩効果も期待できそうです。

 

12039022021_p076_01

シンプルな塩マーボー豆腐に花椒粉で刺激をプラス

 

※2月の放送『体にやさしいおうち中華』の料理にも、ぜひ花椒粉を合わせてみてください。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2021年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)