料理

昆布水で癒しのスープ


2021.01.30

昆布水(希釈タイプ) 撮影:新居明子

「スープはすべての料理の基本」と語る料理研究家、白崎裕子(しらさき・ひろこ)さんのスープのベースは昆布水。植物性の素材だけとは思えないほど、濃厚なうまみと深い味わいに感動します。

 

*  *  *

 

昆布に対して水は少なめ。水で3~4倍に希釈して使います

 

白崎さんがつくるスープの材料は、植物性食品がメインで、時々魚介。肉・卵・乳製品は一切使わないのに、しっかりとした満足のいく味わいに、初めて食べた人は驚きます。そのおいしさを支えるのが、昆布水。昆布を一晩水につけるだけですが、昆布に対して水は少なめなので、濃厚なうまみが抽出できるのです。一般的に紹介されている昆布水は、たっぷりの水に少量の昆布をつけて希釈せずに使うものが主流。最初は「昆布を一度にこんなに使うの?」とびっくりするかもしれません。しかし心配することなかれ。スープにするときは水で3~4倍に希釈して使い、昆布水がなくなったら3回まで新しく水を足して使えます。

 

「私の昆布水はそのまま飲むとあっさりしていますが、ほかの食材と合わせたとたん、驚くほど深いうまみとコクが出るんですよ」という白崎さん。和・洋・中あらゆるスープのベースはもちろん、煮物や煮込みなどのだしとして昆布水を使います。

 

「濃いうまみがとれる分、ぬめりや昆布くささの原因となる成分も出ます。たっぷりの新しい水を加えて煮立たせると、アクと一緒にその成分も浮き上がってきますので、しっかり取り除いてください。昆布のくせがなくなり、甘みとうまみが際立った、すっきりとおいしいだしに仕上がります」

 

※昆布水のつくり方、活用レシピはテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2021年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)