料理

フライパンに詰めて揚げ焼きに 福島市の円盤餃子


2021.01.31

揚げ焼き特有のカリッとした食感で、一人前22個があっという間になくなるほど。撮影:松本祥孝

誰もが知っているわけではないけれど、餃子好きの間では名店ぞろいと有名なのが福島市の円盤餃子。フライパンで揚げ焼きにするその姿、果たしてどんなお味なのでしょう?

 

*  *  *

 

餃子通にとっては、なじみある名称の「円盤餃子」。フライパンに円状に詰めて揚げ焼きした姿からそう呼ばれるようになった餃子が、福島県福島市にあります。

 

いざ、福島駅から風情あるローカル線に乗って到着したのは、飯坂温泉。温泉街を歩いて向かったのは、1953年創業の老舗です。店主の佐藤吉則さんが「うちの餃子は、先代が戦中に中国で食べた味を再現したいと始めたもの。家のフライパンで焼いたので、円盤型になったんです」と教えてくれます。厨房を見ると、ごくごく一般的なフライパンがたくさん。そこに野菜たっぷりの餡を包んだ餃子をぎゅうぎゅうに詰め込んだら、油をたっぷり入れて揚げ焼きに。パチパチという油の跳ねる音がしなくなったら、ふたをしたまま上下返して油きり。きつね色になった餃子を器に移して完成です。「餃子はね、皮を食べる料理なんです」と佐藤さん。一口かじればガリッと軽快な音。食感をよくするために皮は少し厚めにしているのだとか。「昔はフライパンごと、温泉旅館に出前したんですよ」と懐かしそうに話していました。

 

福島駅へ戻り、もう一軒足をのばしたのは中華料理店。店主の塚原仁司さんが、フライパンだけでなく、円形の大きな鉄板でも餃子を焼いています。「熱の伝わり方が違うので、仕上がりも変わるんですよ」。フライパンはバリッと揚げ餃子のような食べごたえのある仕上がり。鉄板はカリッカリの軽い焼き上がり。同じ餃子でも異なる食感が味わえます。また「福島では、フライパンに詰め込むから一人前の量が多い。食べきれるように肉よりも野菜の多い餡なんです」とも。丸く並んだ餃子には、たっぷり食べられる工夫までもぎゅうぎゅうに詰め込まれているのです。

 

■『NHK趣味どきっ!広がれ!餃子キングダム』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)