料理

切れはしの大根が大変身! アテにぴったりの小鉢に


2020.12.08

大根の皮はひき肉を少し入れて、食べ応えのあるきんぴらに 撮影:新居明子

家族が多くなければ、大根1本を買うことはそうないかもしれません。半分か3分の1本で買っても残ることはありますし、おでんや煮物に使った後の皮ももったいない。そこで、京都市生まれで料理教室を主宰する小平泰子(こひら・やすこ)さんが、半端に余った大根や皮の食べ方をご紹介します。アテにぴったりの小鉢ができますよ。

 

*  *  *

 

お刺身の大根おろしあえ

 

大根おろしは添え物ではなく主役。はしっこだけ残った大根でも、すりおろしてお刺身とあえればボリューム感が出るのです。お刺身は白身がいいですね。すだちを搾ったり、しょうゆを少しだけたらしたり、時には塩をつけたりと、お好みの味にしてください。これは冷酒でいかがでしょう?

68272982020_p017_01 

大根のじっくり焼き

 

弱火でゆっくり焼きます。表面は柔らかく、中心は半生くらいがみずみずしくておすすめ。大根焼きに大根おろしを添える、というのも面白いでしょう。こんがり焼いた味と、フレッシュなおろしの組み合わせです。おろしの水分も残さずタレに使います。

 68272982020_p017_02

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKまる得マガジン 残り物でカンタン!京都人の知恵 始末のアテ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)