料理

いちご+ザーサイ、みかんも焼いて……くだものでつくる甘みのあるアテ


2020.12.17

りんごと豚肉のしょうが焼き 撮影:新居明子

くだものは、そのまま食べることが多いと思いますが、野菜と組み合わせるだけでなく、火を通すと甘みが引き出され、心地よい酸味とともにアテに最適な味わいになります。食事のちょっとしたスターターに、サラダに、デザートに、ぜひどうぞ。京都市生まれで、料理教室を主宰する小平泰子(こひら・やすこ)さんが提案します。

 

*  *  *

 

いちごの白あえ風

 

一口大の冷ややっこに、いちごとザーサイをのせて食べます。口の中で混ざると白あえになる、そんなイメージです。いちごの甘酸っぱさとザーサイの塩け、ねぎの香りが合うのです。熱い油をかけるとねぎの辛みがまろやかになります。これには日本酒が最高! 白ワインやスパークリングワインも合います。

 68272982020_p065_01

焼きみかんのサラダ

 

みかんを焼くと、皮が焦げて果肉も香ばしくなります。焼きなすと同じですね。これには、うす口しょうゆを。しょうゆの香りが強すぎず、色もきれいに仕上がるので、みかんの色と香りが際立ちます。

 68272982020_p065_03

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKまる得マガジン 残り物でカンタン!京都人の知恵 始末のアテ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)