料理

春菊の独特な香りを楽しむサラダ


2020.11.29

全体をあえず、春菊に豆腐をのせ、豆腐にじゃこオイルをのせる。春菊がしんなりとならず、味の濃淡も生まれ、おいしさが続く 撮影:野口健志

料理研究家の角田真秀(すみだ・まほ)さんの連載「Salads〜食卓を彩るサラダ〜」。11月号では生の春菊の香りを生かしたサラダを紹介してくれました。

 

*  *  *

 

春菊と豆腐のサラダ じゃこオイルがけ

 

子どものころは“春菊といえばすき焼き”というイメージで鍋の中でクタクタに煮込まれた春菊が、ちょっと苦手でした。でも、生のままの春菊を食べてからは、その考えが一変! 加熱するより生のほうが苦みが少なく、葉の柔らかな歯触りも魅力。独特な強い香りを生かしたサラダは、今では秋冬の楽しみとなりました。もし苦みが気になる方は、ぜひサラダ用春菊で試してみてください。豆腐などの淡泊な食材との組み合わせは味がケンカせず、おすすめです。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』連載「SALADS~食卓を彩るサラダ~」2020年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)