料理

発酵食品でかぜをひかない体を目指そう


2020.11.24

鶏肉と白菜の春雨スープ 撮影:佐々木美果

料理研究家の五味幹子(ごみ・みきこ)さんが、市販の発酵食品を使って、手軽でおいしく、体によい料理を紹介します。発酵食品で腸内環境を整えて、かぜをひかない体を目指しましょう!

 

*  *  *

 

日本の調味料は、ほぼ発酵食品。身近なもので手軽に楽しみましょう

 

私が発酵食に夢中になったのは、10年以上前、みそを初めてつくったことがきっかけです。独学で苦労したのですが、思いのほかおいしくできて感動しました。

 

発酵料理は、菌とうまくつき合っていくことで、幅が広がります。ふだんはみそ、塩麹(こうじ)、甘酒などを手づくりして料理に活用していますが、旬の食材を発酵食品の自然なうまみや塩味、甘みで味つけをすると、体が喜ぶのを感じます。

 

“発酵食”というと、難しく聞こえるかもしれませんが、みそ、しょうゆ、酢など、日本の調味料は、ほぼ発酵食品です。まずは、身近にあるものから気軽に取り入れてほしいと思います。

 

酒かすで! 鶏肉と白菜の春雨スープ

 

骨付きの鶏肉のうまみと酒かすのコクがきいた、滋味深いスープ。白菜はクッタリと煮て、味をよく含ませます。

 

 06461112020_p166_01

ザーサイで!えびそぼろのマーボー豆腐風

 

味つきのザーサイも発酵食品。うまみ出しに、隠し味として使います。辛くないので、シニアや子どもも楽しめる和風マーボーです。

 

 06461112020_p166_02

 

塩麹(こうじ)と甘酒で! 麹ドレッシングのホットサラダ

 

野菜の風味に塩麹と甘酒を加えることで、まろやかな深みのあるドレッシングに。加熱した野菜にやさしくなじむ味わいです。

 

 06461112020_p166_03

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2020年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)