料理

豆もやしは透明感が出るまで炒めることがコツ


2020.05.21

撮影:新居明子

料理研究家の白崎裕子(しらさき・ひろこ)の連載「体にやさしい季節の食材でつくる スープと、ひとしな」。今月は豆もやしのスープと、新ごぼうのから揚げを紹介します。

 

*  *  *

 

豆もやしのスープ

 

豆もやしのうまみがしっかり出たスープ。あっさりとしながらも豆乳のまろやかなコクが効いています。野菜のシャキシャキとした食感が引き立つ味わいです。一味とうがらしのかわりにラー油を加えても。

 

新ごぼうのから揚げ

 

新ごぼうは中温でゆっくり揚げると、外はカリカリ、中は柔らかくジューシーに。下味をつけて少しおくと、ごぼうから水分が出ますが、この水分をきることでアクが抜けて、油もはねにくくなります。

 

豆もやしは透明感が出るまで炒め、冷たいところから煮る

 

豆もやしは透明感が出るまで炒めることがポイントです。豆もやし特有のくせが抑えられ、うまみをよく抽出できて、水分を加えてからも早く煮上がります。先に炒めたところに冷たい昆布水と水を加えるのもポイント。豆もやしは温かいところから煮ると、豆の部分が堅くなってしまい、うまみも出にくくなります。

 

今回は豆乳を加えたレシピを紹介しますが、豆乳のかわりに同量の水でも。あっさりとした味わいのスープが楽しめます。

 

※つくり方はテキストをご覧ください。

 

■『NHKきょうの料理』連載「体にやさしい季節の食材でつくる スープと、ひとしな」2020年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)