料理

冷蔵庫におくだけ! 水だしのススメ


2016.10.08

撮影:濱松朋子

和食には欠かせない「だし」。管理栄養士の山崎友香(やまざき・ゆか)さんがオススメする「水だし」とは、どんなものなのでしょう。

 

*  *  *

 

だし素材を水に浸し、冷蔵庫でうまみをゆっくり抽出する「水だし」は、浸しておくだけの手軽さが魅力です。特に干ししいたけは、冷水で時間をかけて戻すことにより、うまみ成分「グアニル酸」が湯で手早く戻した場合の320倍生成されるというデータも。分量は、干ししいたけの11倍量の水が目安。冷蔵庫に一晩(8時間以上)おき、使うときに加熱することでうまみがさらに増します。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)