料理

ひき肉は保存するなら冷凍しよう


2015.07.19

ラップを広げ、ひき肉をのせる。100gずつ薄く広げて包む。薄くすると解凍しやすくなる。

豚肉のおいしさを手軽に味わえる豚ひき肉と、さっぱりとして香味野菜と相性抜群の鶏ひき肉。安価なのでまとめ買いするする機会も多いでしょう。しかし、ひき肉は傷みやすいので、保存する場合はすぐに冷凍がおすすめです。高木ハツ江さんに聞きました。

 

*  *  *

 

料理によって選びたい「豚ひき肉」

 

豚肉だけを細かくひいたものが豚ひき肉です。いろいろな部位の混ざったものが多く、特に表示されていませんが、色を見て、白っぽいものは脂肪が多く、赤いものは赤身が多く含まれています。脂肪が多いものは、ほぐれやすいので炒め物向き。赤身の多いものは、まとまりやすいので成形して調理するときにおすすめです。

 

さっぱりとした「鶏ひき肉」

 

鶏肉だけを細かくひいたもので、店によっては、むね肉、もも肉など部位別にひいたものもあります。さっぱりとした味わいで、合わせる食材や調味料によって味の変化が楽しめます。

 

保存するなら冷凍して

 

ひき肉は空気に触れる面が多くて傷みやすいので、買ってきたら、その日のうちに使いきるのが基本です。保存したい場合は、早めに冷凍します。使いやすいよう小分けにするとよいでしょう。使うときは、凍ったまま加熱するか、自然解凍を。保存は2〜3週間が目安です。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333192021_01_136

10歳からのキッチンの教科書3 はじめてさんのスイーツレッスン

2021年07月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)