料理

大原千鶴さんに教わる ねぎの保存方法


2015.01.19

ねぎの牛鍋 撮影:浮田輝雄

『きょうの料理』の連載「大原千鶴のシンプル京ごはん」では、京都の料理旅館に生まれ、現在は料理研究家として活躍する大原千鶴(おおはら・ちづる)さんが、使う食材と手順をできる限りおさえながらも、毎日の食卓をしっかりと支えるレシピを紹介しています。1月号のテーマはねぎ。大原さんにねぎの保存法を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

寒くなって霜が降りると、ねぎはうんと甘くなります。

冬野菜の多くは糖分を多く蓄え、そのおかげで寒くなっても凍らないのだそうです。

冬、京都の九条ねぎには、「あん」と呼ばれる甘みを含んだぬめりがたっぷりと詰まっていて、それはそれはおいしいものです。もちろん九条ねぎなどの青ねぎだけでなく、白ねぎもおいしいですね。これらを使って料理し、食卓に並べるのは、この時季の楽しみです。

 

ねぎは切って保存

 

わが家では、ねぎを多めに購入したときなどに、用途別に切って冷蔵庫で保存しています。炒め物や煮物には、斜め切りにしてポリ袋で保存したものを使います。よく使う薬味は小口切りにして、においが移らないようにガラスの保存容器に。かさばらず、料理の手間も省けます。いずれも1週間程度で使いきるようにしています。

さらに大量にねぎがあるときは、斜め切りにしてポリ袋に入れ、一部を冷凍します。料理のときは、解凍せずに、凍ったままの状態で加熱して使います。冷凍したものは2〜3週間程度で使いきるようにしています。

 

06461012015_p092_01

斜め切りにしてポリ袋に入れたねぎ。

※テキストでは、ねぎの甘みを生かした「ねぎの牛鍋」や、体をじんわり温めてくれる「ねぎのスープ煮」などのつくり方を掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2015年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)