料理

今人気のきのこは「バイリング」 “陸のあわび”という別名も


2014.10.21

柔らかいのにサクッとした食感のきのこ「バイリング」 撮影:澤木央子

実りの秋を迎え、いっそう味わいが深まる「きのこ」。近ごろは、さまざまな種類のきのこが手に入りやすくなりました。見かける機会は増えても、どう調理すればいいの?と悩んでしまうこともありますよね。

 

そこで、常時、十数種類のきのこを扱う青果専門店の副店長・清水さんにお話を伺いました。

 

「全国のきのこ農家が、ほかの産地にない目新しいものの栽培に積極的に取り組んでいるので、さまざまな種類を仕入れることができるようになりました。珍しい種類でもけっこう好評で、よく売れるんですよ。なかでも人気が高いのは、肉厚の「バイリング」。ほかのきのこにはない食感が好まれるようです」

 

「はくれいたけ」「あわびたけ」という別名もあるバイリングは、中国原産で、国内では長野県などで生産。肉厚で柔らかいのに、サクッとした食感があり、「陸のあわび」と称されています。ジューシーな味わいを楽しむには、ソテーがおすすめです。

 

テキストには、そのほか、いろいろな“個性派きのこ”を扱ったレシピを紹介しています。参考にして、新しい秋の味覚を試してみては?

 

■『NHKきょうの料理』2014年10月号より

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)