料理

いかの一夜干しはハンガーにつるして気軽につくろう


2014.07.06

撮影:公文美和

うまみがぎゅっと凝縮されたいかの一夜干し。料理研究家の中川たまさんは、ハンガーにつるして気軽につくることをおすすめしています。

*  *  *

一夜干しは、一晩あるいは日中の数時間干せばよいので、ビギナーでも気軽に楽しめる干物です。大量に干すときは干し網があると便利ですが、いか1ぱいくらいの少量ならば、ハンガーにつるして干すくらいの気楽さがちょうどよいのです。

いかは干す前に塩水に浸し、ほんのりとした塩けをつけます。長い時間干さないので、表面は乾いても、中はしっとり。かんでみると柔らかく、うまみは程よく凝縮しています。

軽くあぶって、レモンをギュッと搾る。これが、一夜干しのおいしさをストレートに堪能できる食べ方です。

材料(つくりやすい分量)とつくり方

1 いか1ぱいは、エンペラのほうから縦に包丁を入れて切り開き、軟骨、ワタ、目、口、吸盤を取り除く(足は胴につけたままでも外しても、どちらでもよい)。水で洗い、水けを拭き取る。

2 酒大さじ1、水カップ1/4、いかの重量の3%の塩をバットなどに混ぜ合わせ、いかを30分間ほどつける。

3 ペーパータオルで軽く押さえ、水けを取る。ハンガーやひもに洗濯ばさみでとめて風通しのよい屋外につるし、夜なら一晩、日中なら3〜4時間干す。触って表面が乾いていれば、でき上がり。[全量180kcal]

※ラップでピッチリと包み、冷蔵庫で3~4日間保存可能。

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)