料理

重ね技が決め手! 豚肉と白菜鍋


2014.02.15

撮影:野口健志

相性のよい豚肉と白菜を重ねて鍋にしてみましょう。重ねて煮込むことで豚肉のうまみが白菜にしっかりしみ込みます。少ない材料でつくれるシンプルさ、白菜を丸ごと味わうダイナミックさも魅力です。「豚バラと白菜の重ね鍋」を高木ハツ江さんに教わりました。(料理監修:大庭英子)

 

*  *  *

 

切り口を上にして入れると火が通りやすく、見た目も華やかです。少ない水分で蒸し煮にするので、白菜はふっくら、味は濃厚。

 

【材料】(3~4人分)

白菜 … (小)1/2コ(1kg)

豚バラ肉(薄切り) … 300g

酒 … 大さじ4

ポン酢しょうゆ… 適量

薬味(白ごま … 適量、細ねぎ … 適量、しょうが(すりおろす)… 適量)

練りがらし(※) … 適量

 

※ラーユ、豆板醤(トーバンジャン)、粉ざんしょうでもよい。

 

熱量:360kcal(1人分) 調理時間:50分

 

重ねて、土鍋に入れる

 

1 白菜は芯をつけたまま縦半分に切る。豚肉は長ければ半分に切る。

 

2 白菜は外側を下にして横長に置き、下のほうから、2~3枚目のところに豚肉2~3枚を並べる。これを繰り返し、4か所くらい豚肉をはさんで重ねる。

 

12039022014_p056_01

 

3 2を土鍋(または鍋)の深さに長さを合わせて切る。

 

4 バラバラにならないようしっかり押さえながら、切り口を上にして土鍋に入れる。火が通ると縮むので、詰め込むくらいでよい。手で押さえて表面を平らにする。

12039022014_p056_02

 

煮る

 

5 水カップ2を注ぎ、酒を加えてふたをする。中火にかけ、煮立ったら弱火にして30~40分間、白菜がしんなりするまで煮る。

 

薬味を用意し、食べる

 

6 まな板にペーパータオルを広げ、ごまを包丁で刻む。細ねぎは端から2~3mm幅に切る(小口切り)。

 

7 ポン酢しょうゆ、6、しょうが、練りがらしを並べる。5を取り分け、ポン酢しょうゆをかけ、好みの薬味をのせて食べる。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333172020_01_136

白崎茶会の癒しのスープ

2020年12月16日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333162020_01_136

お椀ひとつで一汁一菜 雑煮365日

2020年11月30日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333132020_01_136

ごちそうしたい、ほめられたい 実は簡単!ハレの日ごはん

2020年11月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)