料理

栗原はるみさんの気軽に楽しめるカジュアルおせち


2013.12.13

ミニサイズの重箱に詰めるとこんなに素敵。撮影:竹内章雄

年末が近くなるにつれ、おせち料理の準備に頭を痛めているという方は多いのでは? 料理研究家の栗原(くりはら)はるみさんが、気負うことなく気軽に楽しめるカジュアルスタイルのおせち料理を提案する。

 

*  *  *

 

12月といえば、おせち。年の瀬、お正月用の品々を買い出しして、段取りを考えながら用意するのは楽しいものですが、一方で「おせちはハードルが高い」と感じる方も少なくないようです。でも、あまり難しく考えなくても大丈夫。「冷めてもおいしい」「日もちがする」お弁当のおかずは、そのままおせちにも利用できます。特別な料理をつくらなくても、盛り付けをちょっと工夫したり、器をいつもより少し改まったものにするだけで、十分おせちになりますよ。料理は、つくる人も食べる人も楽しむのがいちばん! 少人数のご家庭も一人暮らしの方も、気軽に、いつものお弁当づくりと同じような気持ちで、おせちづくりを楽しんでください。

 

ミニサイズの重箱に詰めて

 

お重に彩りよく詰めると、それだけで華やかな印象に。ミニサイズの重箱なら、2人分の量でも十分見栄えよく詰められます。葉らんなども上手に使って、アクセントにしましょう。お赤飯はそのまま詰めずに、一度四角い型に入れて抜いています。ごぼうの肉巻きは、小さく切ってつまようじでとめてからたれにからめ、すだちを添えて。スイートかぼちゃは粉砂糖をたっぷりふって、中心に柚子(ゆず)の皮をのせています。なますは、赤いラインが入った小鉢に盛って、お重の中央に置きました。

 

トレイに盛っても

 

1人分の量なら、トレイを使うのがおすすめ。1品ずつ豆皿にちょこんと盛り付けたものをきれいに並べると、品よく華やかになります。形や深さが違う豆皿を組み合わせて、自由に遊んでみてください。

 

■『NHKきょうの料理』2013年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-texttop2021-300×56

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2021_300×56px

000000333182021_01_136

ワタナベマキの梅料理

2021年05月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992992021_01_136

国循の 厳選 おいしい!!かるしおレシピ

2021年05月31日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000061992972021_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんのおうち和食100レシピ

2021年05月19日発売

定価 1100円 (本体1000円)