時間もお金も節約したい人必見 「もやし」でできる簡単うま鍋


2013.03.01

もやしは日もちしないので、なるべく早く使い切るのが鉄則
撮影:鈴木雅也

イベント続きで何かと出費がかさむこの時期。「時間もお金も節約したい……」。そんなときは「お助け食材」の出番。安価で栄養価のすぐれたもやしを使った節約料理「もやしの辛うま鍋」を料理研究家の小林まさみさんに教えていただいた。

 

*  *  *

キムチや赤とうがらしの辛みと納豆のうまみが溶け合ったチゲ風鍋。濃厚なスープの味わいが淡泊なもやしによく合います。

 

【材料】(2人分)

もやし…1袋(250g)

豚バラ肉(薄切り)…150g

 

〈A〉

しょうゆ…大さじ1・1/2

にんにく(すりおろす)…小さじ1/2

ごま油…大さじ1/2

 

白菜キムチ(市販)…150g

にんじん…(小)1本(100g)

ねぎ…1本(100g)

赤とうがらし(種ごと半分にちぎる)…1本

ひきわり納豆…2パック(80g)

●みそ

 

熱量:530kcal 所用時間:15分

 

【つくり方】

1 豚肉は5~6cm長さに切り、Aをもみ込む。キムチはザク切りにし、にんじんは縦半分に切って斜め薄切りにする。ねぎは白い部分を7~8㎜ 厚さの斜め切りにし、青い部分は斜め薄切りにする。

 

2 鍋を熱して1の豚肉を入れ、肉の色が変わるまで炒める。次にキムチと赤とうがらしを加えて炒め、辛みを引き出す。

 

3 水カップ3を加えてひと煮立ちさせ、アクを取る。にんじん、ねぎの白い部分、納豆を加えて1~2分間煮て、みそ大さじ2~2・1/2を煮汁少々で溶いて入れる。

 

4 もやしとねぎの青い部分をのせ、煮えばなから食べる。

 

■『NHKきょうの料理』12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加