グレープフルーツとオイルの意外で素敵な組み合わせ【レシピ掲載】


2016.05.04

撮影:加藤新作

フルーツのあんな食べ方、こんな食べ方を提案する料理研究家の内田真美(うちだ・まみ)さんの連載「フルーツ・ダイアリー」。5月号では心地よい初夏の風が吹く今の季節にぴったりのグレープフルーツレシピを紹介します。

 

*  *  *

 

この時季のグレープフルーツは、香りのよさが、やっぱり格別。この香りとバジルの爽やかさは、お互いを引き立て合う、うれしい組み合わせです。

 

シンプルにあえて、2つの香りを重ねたら、新緑の季節にふさわしい一品になりました。

 

おもてなしの前菜にもおすすめですし、すぐにできるから、朝食にも。さっぱりしているから、どんどん食べられるはず。これにフレッシュチーズを加えて、冷製パスタに仕立てたものも、大好きです。

 

材料(2人分)

グレープフルーツ (ホワイト) 2コ

バジルオイル[バジルの葉(生) 10枚、オリーブ油 大さじ4]

[常備品]塩

 

1 グレープフルーツは上下を切り落とし、側面の皮をそぎ落とす。房の境目ごとに包丁を入れて1 つずつ果肉を切り取り、ボウルに入れておく。

 

2 バジルはみじん切りにし、オリーブ油を合わせてバジルオイルをつくる。

 

3 1 のボウルに2 のバジルオイル、塩適量を加えてザックリと混ぜる。

[1 人分300kcal 調理時間10 分]

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加