暮らし

残ったワイン、どうやって保存する?


2013.11.22

【写真1】ラップを巻きつけることで空気が通りにくくなり、ワインの酸化防止になる。撮影:石井雄司

家でワインを楽しんだ後、飲みきれなかったワインはどう保存すればよいのでしょう。東京・六本木のワインレストランでオーナーソムリエを務める佐藤 陽一(さとう・よういち)さんにプロの技を教わりました。

 

*    *    *

 

保存の鉄則は『暗い・涼しい・変化なし』

 

ワインに関する悩みで上位に位置するのが、その保存法。ワインセラーに保存するのがベストですが気軽に楽しむ家飲みワインなら、直射日光の当たらない涼しい場所で、温度変化の少ないところに置けば大丈夫。ただし、夏の猛暑の時季は室内の温度もかなり上昇するので、その日のうちに飲みきる分を購入するか、冷蔵庫に一時的に保存するほうが安心です。

 

残ったワインはラップを活用

 

ワインはその日のうちに飲みきったほうがいいと言われますが、だいたい1週間以内であれば問題ありません。ワインによっては、栓を開けてから2~3日後においしくなるものもあるので、毎日飲んでその変化を楽しむのも家飲みワインならでは。保存するときは、まず抜栓したコルクにラップを巻きつけ(写真1)、ボトルにねじ込みます(写真2)。その後、必ず冷蔵庫へ。ドアポケットに立てて保存し、1週間を目安に飲みきりましょう

 

■  『NHKまる得マガジン 家飲みワインの極意』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)