暮らし

夏ならではのハーブ乾燥法は「車」を使う


2013.08.24

クッキングペーパーの上にハーブを重ならないように並べ、電子レンジで加熱乾燥させる。イラスト:江口あけみ

バジルやレモングラス、レモンバーベナのような熱帯性のハーブが旺盛に生育する8月。無駄にしないためにも、収穫後は乾燥させて保存しておきたい。ハーブ研究家の平間拓也(ひらま・たくや)さんに、手早く乾燥させることができる方法を教わった。

 

*    *    *

 

ハーブの消費量よりも収穫量のほうが多くなる季節です。収穫後すぐに使いきれない場合は、乾燥させてから密封保存しますが、日陰で何日もかけて自然乾燥させる必要があるため手間がかかります。手軽に早く乾燥できる2つの方法をご紹介します。

 

まずは電子レンジを使って乾燥させる方法です。収穫したハーブをクッキングペーパーの上に重ならないように広げて加熱し、パリパリになれば完成です。目安は500Wで3分程度です。乾きにくい場所は途中でひっくり返して加熱してください。一度に少量しか乾燥させることができませんが、自然乾燥に比べてきれいに色が残ります。

 

次は自動車で乾燥させる方法です。夏ならではの方法で、収穫したハーブを大きめの紙袋に入れ、日なたに止めた自動車の中に置いておきます。窓を閉めた車中の温度は50℃を超えるので1日で乾き、一度に大量に乾燥させることができます。

 

多くのハーブは茎に含まれている水分が残りやすいので、茎を取り除いて葉だけにするとより早く乾燥させることができます。水洗いしてから乾燥させる場合は、洗ったあとにクッキングペーパーなどで水分をしっかり取ってから乾燥させます。水滴がついたままだと蒸れて黒くなってしまいます。

 

なお、タネまき用に収穫したタネは、電子レンジや自動車で乾燥させると、発芽能力を失ってしまうので、日陰で自然乾燥させてください。

 

■『NHK趣味の園芸』2013年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 972円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3240円 (本体3000円)

000000817872019_01_136

NHKカガクノミカタ 2 予想してみよう

2019年08月20日発売

定価 3240円 (本体3000円)