暮らし

冬、日ざしの弱い日でもUVケアが必要な理由とは


2013.03.02

「夏に紫外線対策をしっかりしていれば、冬に日焼け止めは必要はない」と考える人も多いのでは。美容エディターの大塚真里さんにうかがうと、「UVケアは365日必要です」という答えが返ってきた。

 

* * *

 

紫外線は目に見えない光の一種で、太陽光にも含まれています。体内でのビタミンD合成作用など体にいい面もありますが、一方では肌の弾力を保つコラーゲン線維にダメージを与える、メラニン色素の分泌を促してしみを作るなどの作用があり、美容にはひたすら悪影響。なるべく浴びないようにしたいものです。

 

紫外線は太陽光があるとき、つまり明るい日中は、季節を問わず降り注いでいます。太陽光の強さが弱まる冬は紫外線も弱まり、夏に比べ日焼けはしにくくなりますが、肌へのダメージがなくなったわけではないので要注意。無防備に日ざしを浴びることでコラーゲン線維はじわじわと破壊され、しわ・たるみなどの老化につながるのです。冬にしっかりUVケアをすることが、何よりのアンチエイジングにつながります。

 

■『NHK きれいの魔法』2013年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)

000000817872019_01_136

NHKカガクノミカタ 2 予想してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)