暮らし

出産しないと母乳が出ないのはなぜ?


2013.03.02

バストは女性の象徴。乳房の重要な役割は、ご存じのように母乳(乳汁)を出す(分泌する)ことだが、その仕組みについては意外と知られていない。ピンクリボンブレストケアクリニック表参道院長の島田菜穂子さんが解説する。

 

*  *  *

 

乳房が活発に働き、母乳を盛んに出すようになるのは、出産後です。それ以外のときはもちろん、妊娠中に乳房が大きくなっても、母乳が出ることはありません。これはさまざまなホルモンが関連しあって、母乳をコントロールしているからです。

 

妊娠すると、通常卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンは、妊娠によって子宮にできた胎盤から盛んに分泌されるようになります。二つの女性ホルモンは乳腺の働きを活発にしますが、同時に脳からプロラクチン(乳汁分泌ホルモンともいう)が分泌され、腺房に母乳を作らせるように働きかけをします。しかし、妊娠している間は胎盤からの女性ホルモンがプロラクチンの働きを抑制するため、母乳の分泌にはブレーキがかけられているのです。

 

出産と同時に胎盤が剥がれ落ちて排出され、胎盤からの女性ホルモンの分泌がなくなると、プロラクチンの抑制がなくなって働き始め、母乳が出るようになります。授乳している期間はプロラクチンが排卵を抑えるため、妊娠しにくくなりますが、次第にプロラクチンの分泌が低下して母乳も出なくなると、体はまた妊娠可能な状態に戻ります。そもそも出産や授乳がなければ、乳腺の働く出番はなく、ずっとお休み状態ということになりますが、女性にとって乳房はとても大切なものです。

 

■『NHK きれいの魔法』2013年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)