暮らし

花を暮らしに取り入れたい……どう飾ればいいの?


2019.12.13

右から、アジサイ、オーニソガラム・アラビカム、アマランサス。撮影:宮濱祐美子

『NHK趣味どきっ!花と暮らす』では、一輪から気軽にできる花生けから、リースやブーケのつくり方など、暮らしに彩りを添える花しつらいを紹介しています。講師はフラワースタイリストの平井かずみさん。仕事柄、「どんなふうに花を飾るといいですか?」とよく尋ねられる平井さんのおすすめは、まず「花を1輪挿す」ことだとか。

 

*  *  *

 

おすすめしているのは、花を1輪、挿すこと。花瓶がなかったら、コップでもかまいません。花は、好きな姿、好きな色を選んで。そして、住まいのどこかに置いて、1輪を眺めてみましょう。

 

これだけでいいのです。花を飾って楽しむことに、決まりごとはありません。

 

今回さまざまなテーマでいろいろな花を生けました。花を生けるときにいちばん大切にしていること。それは、自分が太陽になったつもりで、花を見つめて生けることです。太陽に向かって自然に伸びた茎や花の傾き。どんなふうに咲いていたのか、よく見ると、花のいちばんきれいな表情が見つかります。

 

「こう生けよう」と、頭で考えるより花を見ていると、花が教えてくれるのです。とはいっても、今まであまり花を見つめたことがなくて……、という方は、今日からぜひ。

 

家から駅までの道すがら、咲いている草花を眺めてみましょう。バラがふんわり開いている。赤い実がきれい……。初めは花や実を見つけるだけでもいいのです。日々眺めていると、咲ききった花とつぼみが一緒に並んでいる。バラの足元に咲いている紫色の花は何だろう。赤い実の中に緑色の実がある……。さまざまな気づきが訪れるはず。花との暮らしの始まりです。

 

「どうしたらセンスよく生けられますか?」

 

花を生けるようになった方からよく聞かれます。最初はまねでいいですよ、いつもそうお答えしています。わたしもまねから始めました。街で見かけたディスプレーやおしゃれな洋書、見た映画や絵画をヒントにしたり。センスを磨くにはいろいろなものを見て、感じることが近道です。そして、この番組とテキストをお役に立てていただけたら、とてもうれしいです。

 

■『NHK趣味どきっ!花と暮らす』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)