暮らし

手軽にできる新年のしつらい


2019.12.24

木箱を花器に、花をお節に見立てた新年のしつらい。箱の中はセロファンのシートで養生し、吸水性スポンジをセット。上にミズゴケを敷きつめ、大輪のキクを中央に、周囲にはツバキやマツ、ヒバ、シダ・シースターなどの葉を挿している。撮影:大森忠明

お正月は、過ぎた一年の出来事に思いをはせつつ、新しい一年も安らかに暮らせるよう願うときです。いつもの空間をちょっとお正月らしく。花を使って新春のしつらいをしましょう。とはいっても、大がかりな準備ではなく、初めてでも手軽にできるものばかり。縁起物や、手づくりのお飾りなどを添えて、新しい年を気持ちよく迎えてください。教えてくださるのは、フラワースタイリストの平井かずみさんです。

 

*  *  *

 

新年のしつらいというと、いつもより華やかに、何か特別なことをしなければと思いがちです。でも、縁起物をほんの少し取り入れるだけで、お正月の雰囲気は生まれます。

 

たとえば、冬に色鮮やかな赤い実をつけるナンテン。「難を転ずる」に通じることから、縁起のよい木として、お正月のお飾りや切り花に使われます。そんな縁起物を1つあしらうだけで、日常の空間がお正月仕様に変わります。

 

62287882019_p048_01

撮影:宮濱祐美子

 

緑の葉はシダの仲間で、お正月飾りに使われるヒカゲノカズラ。つるのように長く伸びてしなやか。その特徴をいかして、くるくる丸めて枝の切り口を水につけ、ピンクのコチョウランの花と生けると和モダンな印象に。

 

62287882019_p048_02

撮影:大森忠明

 

お正月の小物を並べるだけでも新年のしつらいに。右から時計回りに、ナンテンの実、水引、和紙を巻いた炭、マツバ、ぽち袋、柑橘(「橘」の発音が「吉」に通じるため縁起物と聞いたことがあり)。折敷(おしき)に置くことで、すっきりまとまる。

 

62287882019_p048_03

撮影:大森忠明

 

■『NHK趣味どきっ!花と暮らす』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000817802019_01_136

平成最後の一年 NHK記者が見た天皇皇后両陛下

2019年12月10日発売

定価 1760円 (本体1600円)

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)