暮らし

そもそも日本茶とは?


2019.02.06

ブレケル・オスカルさん。撮影:本多康司

緑茶、ウーロン茶、紅茶……「お茶」には様々な種類があります。「日本茶」とはどんなお茶のことを言うのでしょうか。スウェーデン生まれの日本茶インストラクター、ブレケル・オスカルさんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

お茶には緑茶のほか、ウーロン茶、紅茶など、いろいろな種類がありますが、すべて“チャノキ”(学名カメリアシネンシス/ツバキ科の常緑樹)の芽や葉、茎から作られています。その製法によって茶葉の形、味、香りや色に違いが生まれます。

 

新芽や葉を摘んで、速やかに100度以上に加熱し、発酵させないのが緑茶。萎しおれさせながら発酵させて、炒(い)るのがウーロン茶。発酵を進めて、炒らずに熱風で乾燥させるのが紅茶です。

 

「日本茶」とは、文字どおり日本で作られたお茶を意味し、ほうじ茶などの再加工茶を含め、そのほとんどは緑茶なので、日本茶=緑茶と考えるのが一般的です。

 

「蒸して」作る日本茶

 

緑茶には、釜などで炒って発酵を止める「炒り製」、水蒸気を利用して加熱して発酵を止める「蒸し製」があります。日本で最も多いのは、「蒸し製」の緑茶です。

 

「蒸し製」は茶葉を焦がすことなく加熱するので、茶葉が持つ自然な香りを有する、鮮度感豊かな緑茶を作ることができます。さらに、日本茶独特の「うまみ」「甘み」「渋み」「苦み」の4つの味わいを得ることができます。

 

蒸し製緑茶には、煎茶、玉露、抹茶などの種類(茶種)があります。

 

■『NHKまる得マガジン おいしさ再発見! 魅惑の日本茶 』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)