暮らし

毎月の貯金額を決めよう


2019.01.17

イラスト:コルシカ

貯金をしたいけれどなかなかたまらない……そんなお悩みを持つ方は多いのでは? 家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナーの横山光昭(よこやま・みつあき)さんが、貯金の始め方を教えてくれました。

 

*  *  *

 

貯金はしたいけれど、具体的な金額を決められず、毎月余った分だけ貯金する。こういうご家庭は、たいてい月末にお金が余らず、いつまでたっても貯金が増えません。本気で貯金したいなら、「毎月いくらためるか」を決めましょう。ただし、高すぎる金額を設定すると続けられません。逆に、低すぎる金額設定では、十分な額になるまで時間がかかりすぎます。

 

数多くの家計を見てきた経験から、私は「ためている人の貯金の理想割合」を算出しています。それは、月収の手取り金額の16.7%(約1/6)です。この数字は、上手に貯金をしているご家庭で、実際に毎月ためている割合です。可能であれば、この「手取りの1/6」を目指してみるのもよいでしょう。もちろん、収入や家族構成によって、1/6では多すぎる場合もあります。多すぎず少なすぎず、「ギリギリためられそうな金額」に設定してください。

 

※より詳しい貯金額の設定についてはテキストで解説しています。

 

■『NHKまる得マガジン 不安解消!家計見直し術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)