暮らし

家計簿が続かない人必見! 3つの箱で家計管理が変わる


2019.01.09

イラスト:コルシカ

家計を上手にやりくりするためには、何にどのくらい使ったか把握することが大切です。家計簿をつけるのが一番ですが、日々の買い物をいちいち記録するのは面倒なもの。そこで家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナーの横山光昭(よこやま・みつあき)さんがおすすめするのが、「消費・浪費・投資」の3種類に分ける方法です。

 

やり方は簡単。小さな箱やカゴを3つ用意して、「消費・浪費・投資」に割り当てます。そこへ財布から出したレシートを分け入れるのです。消費は、生きていくために必要な支出。浪費は、生きていくために必要ではない支出、いわゆる無駄遣い。投資は、将来に役立つ支出です。

 

レシートを3種類に分けるうちに、何をどのくらい「消費」しているか、あるいは「浪費」「投資」しているかがわかってきます。

 

消費 生きていくために必要な支出

例:日々の食事のための食材、トイレットペーパーなどの日用品、医療費 ……など

 

浪費 今を楽しむための、いわゆる無駄遣い

例:菓子や酒類などの嗜好品、衝動買いの洋服 ……など

 

投資 必ずしも必要ではないけれど、将来につながる支出

例:学費、勉強のための書籍代、健康維持のためのスポーツジム代

 

※集計方法、「消費・浪費・投資」の理想の割合はテキストで紹介しています。

 

■『NHKまる得マガジン 不安解消!家計見直し術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)