暮らし

これで失敗しない!必勝スピーチプラン


2013.05.06

イラスト:加納徳博

6月の結婚式シーズンに向けて、スピーチの依頼がチラホラ舞い込んでくるこの時期。当日にあがってしまったらどうしよう……と悩む人は、あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾を主宰する鳥谷朝代(とりたに・あさよ)さん提案の、「本番1週間前から始めるスピーチ成功プラン」を参考にしてみてはいかがだろうか。

 

*  *  *

 

ポイント1 本番と同じ衣装でスピーチしてみる

 

家での練習は部屋着で、当日になって初めて正装に袖を通すという人は意外に多いものです。1回は本番の衣装、アクセサリー、靴を身につけて練習しておきましょう。スピーチだけでなく、お辞儀や歩き方の練習もしておくようにします。特に女性はふだん履きなれないヒールの高い靴を履くことが多いので、ぜひ練習しておくようにしてください。

 

ポイント2 当日は早めに会場に行き、スピーチをする場所に立ってみる

 

できれば早めに会場に入り、許されるならばマイクの前に一度立ってみます。実際に声を出さなくても、マイクの前に立っておくと、本番のときに不安を抑えてあがりにくくなります。自分の席からの動線もチェックしておくとよいでしょう。

 

ポイント3 隣の席の人と会話をして、心を落ち着かせる

 

会が始まったら、周囲の人と話をしておくことも大切です。話すことで口の周りの筋肉をほぐすことができます。また、周囲の人と顔なじみになっておけば、スピーチに耳を傾けてくれるでしょう。

 

【スピーチ成功プラン チェック表】

 

本番1週間前から始める、スピーチ成功プランです。一つ一つクリアして、スピーチ成功を目指しましょう。

 

1週間前

□ 原稿をつくる。

 

2〜3日前

□ 声に出して読んで時間をはかり、3分間以内におさまるようにする。

□ 読んでいる姿を録画して、姿勢、表情、聞き取りやすい声かをチェックする。

□ 口角を上げて笑顔ができているかチェックする。視線が安定しているかチェックする。

 

前日

□ 本番と同じ衣装でスピーチしてみる。

 

当日

□ 原稿は持ったか確認する。

□ 早めに行って、スピーチする場所に立ってみる。

□ 隣の席の人と会話をしてスピーチを待つ。

 

いよいよスピーチ

□ ゆっくりと歩いていき、一呼吸をおく。

□ あいさつの言葉を発する。

□ お辞儀をする。

□ 正しい姿勢で立つ。

□ 自分も楽しんでスピーチする。

 

■  『NHKまる得マガジン 人前であがらないスピーチ術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 972円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3240円 (本体3000円)

000000817872019_01_136

NHKカガクノミカタ 2 予想してみよう

2019年08月20日発売

定価 3240円 (本体3000円)