暮らし

ヒュッゲな暮らしに学ぶ、おひさまとのつきあい方


2018.11.11

掃き出し窓を腰窓にリノベーションし、ディスプレイスペースもしっかり確保。撮影:田渕睦深

「ヒュッゲ(HYGGE)」とは、デンマーク人が大切にしている、時間の過ごし方や心の持ち方を表す言葉。特別なことをするのではなく、日常の中にある何気ないことに幸せを感じること。

 

そんなヒュッゲのある暮らしを、日本で実践しているイェンス・イェンセンさんのご自宅を、講師のアートディレクター水谷孝次(みずたに・こうじ)さんが訪問。築40年の日本家屋を、約5年かけてリノベーションしたという空間は、自然が近くぬくもりがある。水谷さんも思わず「ヒュッゲだね〜」とつぶやいていた

 

*  *  *

 

窓の役割を生かしてヒュッゲな空間をつくる

 

デンマーク人にとってヒュッゲは、暮らしを豊かにする大切な時間。だからこそ、基盤となる自宅は特別で、心地よく過ごせるように、自分たちで工夫しながらDIYしていくのが一般的だという。なかでもヒュッゲな空間づくりに欠かせないのが窓。イェンセン家にはリビングの大きな窓をはじめ、キッチンや書斎、洗面所、プレイルームにも窓があり、外に広がる自然がインテリアの一部のように溶け込んでいる。

 

「窓には役割が3つあって、1つ目は光を取り込むこと。冬のデンマークは日照時間が短いでしょ? だから光を取り込める窓は大切な存在です。2つ目は空気を入れ替えること。これは日本も共通だと思いますが、よどんだ空気はヒュッゲじゃないからね。そして3つ目は、外と中をつなぐこと。景色を眺めるのはもちろん、外から中が、中から外が見えることが大事なんです」と、イェンセンさん。

 

改めて窓の役割を教えてもらうと、イェンセン家にカーテンがないのも納得。また、太陽の光を、そして窓からの景色を生活に取り入れるために、窓のガラスは曇りガラスではなく、クリアなもので。これも基本だという。そして、ぬくもりを損なわないように、窓枠が木であることも大切なポイント。窓一つにもいろいろなこだわりがつまっている。

 

おひさまに寄り添うヒュッゲな空間づくり

 

デンマークの秋から冬は、日照時間がひときわ短く、日ざしも日本よりずっと弱いため、小さな窓では部屋の採光には頼りない。そこで、デンマークでは間取りを工夫したり、外のスペースを上手に利用するなど、太陽を生活に取り入れる工夫が、家づくりにも生かされている。

 

「日本の住宅は小さく仕切られているので、日の当たらない部屋ができてしまうでしょ? この家のリビングも元は3つに仕切られていたから、壁を取り払ってリノベーションしました。空間を一つにしたことで、自然光が程よく行き届くヒュッゲなリビングになりました」

 

もう一つイェンセンさんが教えてくれたのは庭のお話。デンマークでは庭をアウトドアリビングと呼び、一つの空間として捉える文化があるという。「庭は眺めるものではなく、リビングと同じ生活空間であるという考え方です。だから、庭で食事をしたり、子どもと遊んだり、たき火をしたり、生活の場として利用します」

 

庭がなければ、ベランダやテラス、近くの公園を利用する手もあり。身近に自然の場所を見つけておくと、太陽との距離がぐっと近くなる。

 

■『NHK趣味どきっ! おひさまライフ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992662018_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK はじめてのスマホ 困った!解決ブック

2018年06月25日発売

定価 972円 (本体900円)

000000113612018_01_136

NHK出版 なるほどの本 あなたの老いは舌から始まる

2018年09月27日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000817342018_01_136

データでいのちを描く

2018年03月28日発売

定価 1404円 (本体1300円)