暮らし

除毛トラブルを避けるための3つのルール


2013.03.02

電動かみそり、安全かみそりは比較的肌へのダメージが少ない。安全かみそりは、替え刃式のものにし、両腕または両足に1回使ったら刃を取り替える。
撮影:内山功史

女性を悩ませる「むだ毛」。自己流の方法で除毛を続けていると、肌の炎症や黒ずみなどの原因になることも。こういったトラブルを起こしやすいポイントを皮膚科医の吉木伸子さんに教えていただいた。

 

* * *

 

除毛は、どんな方法であっても肌にダメージを与えますし、肌のトラブルを起こす原因になります。

除毛には、そる方法と抜く方法がありますが、抜く方法は肌への負担が大きいので、そる方法で肌へのダメージを最小限にする工夫が必要です。

 

1 生理前、風邪気味、疲れ気味のときは、肌の免疫力と回復力が低下しているため、化のうなどのトラブルが起こりやすいときです。除毛はできるだけ避けるようにしましょう。

 

2 浴室で除毛する際は、清潔な浴室であることが大前提。よく掃除と換気を行い、清潔を心がけて。

 

3 除毛による肌ダメージは蓄積するので、同じ除毛法を続けてきて、ずっとトラブルがなかったとしても、あるとき急にトラブルが起こることがあります。トラブルが起こったら、すみやかに除毛法を変えて。どうしてもトラブルを起こす人は、医療機関で永久脱毛をしてしまうのも一案です。

 

■『NHK まる得マガジン お肌のシワシワ&ガサガサ解消 パーツケアで若さ倍増!』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992822019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日でデビュー!はじめてのスマホ 購入&スタートガイド

2019年06月25日発売

定価 972円 (本体900円)

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)