暮らし

海外でスマホを使うときの注意点


2017.12.13

使わないときは通信をしない「機内モード」にしておこう

海外でスマホを利用すると、自動的に現地の携帯電話会社の通信網に接続される場合があります。そのまま利用すると、莫大な額の料金が発生する可能性があるので要注意。海外でスマホを使いたい場合は、携帯電話会社の海外定額プランを利用しましょう。タレントでITエンジニアの池澤(いけざわ)あやかさんが、大手各社の料金プランを解説します。

 

*  *  *

 

携帯電話会社のデータ定額プランを使うのが簡単

 

携帯大手各社は、海外定額プランを用意している。料金はやや割高だが、安心して海外でもスマホを利用できる。ただし、利用可能なデータ容量を超えると、速度制限がかかるので使い過ぎには注意。

 

 

NTTドコモ:海外1dayパケ

 

料金

980円/24時間

1280円/24時間

1580円/24時間

 

 

対応エリアの渡航先で利用開始の操作をしてから24時間通信できる。ふだん通り、1か月に使えるデータ容量から、使った分の通信量が消費される。

 

 

au:世界データ定額

 

980円/24時間

 

対応エリアの渡航先で利用開始の操作をしてから24時間通信できる。30MBまでの通信が可能で、それを超えると速度制限がかかる。

 

ソフトバンク:アメリカ放題

 

980円/月

 

アメリカ本土およびハワイ、プエルトリコ、バージン諸島で「スプリント」のネットワークを利用して無料で通信できる。アメリカ国内および日本・アメリカ間の通話料も無料。

 

 

※本誌ではiOS 11を搭載したiPhone7、Android7.0を搭載したXperia XZsを例に解説しています。情報は2017年9月現在のものです。

 

■『NHK趣味どきっ! はじめようスマホ 』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)