暮らし

きれいに文字を書けない……芯の軟らかい鉛筆を使ってみよう


2017.12.01

濃淡がはっきり出るように、鉛筆は2Bから4Bを選びましょう!

自分の文字がなぜかきれいに見えないという人は、書くときの力加減が「単調」なのかもしれません。横浜国立大学教育学部教授の青山浩之(あおやま・ひろゆき)さんは、芯の軟らかい鉛筆で書いてみることをすすめています。その理由とは?

 

*  *  *

 

きれいな文字は、「止め」や「はね」、「曲がり」などの部分ごとに力加減が変わります。芯の軟らかい鉛筆で書けば、それが線の「濃淡」となってはっきり表れます。

 

前回は、筆ペンを使って筆圧をコントロールする感覚を学びました。今回は、筆ペンを鉛筆に持ち替えて、「硬筆」の力加減を練習します。芯の軟らかい鉛筆で、濃淡が出るように書く練習をすれば、ボールペンなどでもメリハリのある文字を書けるようになります。

 

鉛筆で書けば「濃淡」が分かる

 

毛筆で書いた文字が美しいのは、自然と筆圧に強弱がつき、「止め・はね・払い」などにそれが表れるからです。しかし、私たちがふだん使っている硬筆の筆記具では、毛筆ほどのメリハリのある線は書けません。そのため、本来の書き方を忘れて、つい一本調子に線を書き、「止め・はね・払い」のない単調な文字になってしまいがちです。

 

鉛筆は硬筆でありながら、毛筆の力加減を再現することができる便利な筆記具です。効果的に練習するためには、上の「光」の「曲がり」のように、意識的に濃淡を出すこと。「止め・はね・払い」も意識的に書くことで、メリハリのある美文字になります。

 

■『NHKまる得マガジン クセ字の悩みを解決! 劇的! 美文字クリニック』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000817212017_01_136

食事のせいで、死なないために〔食材別編〕

2017年08月29日発売

定価 1944円 (本体1800円)

000061992512017_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日でわかる!はじめてのスマホ

2017年08月25日発売

定価 972円 (本体900円)

000000113522017_01_136

NHK出版 なるほど!の本 あなたのその「忘れもの」コレで防げます

2017年05月10日発売

定価 1188円 (本体1100円)