暮らし

スマホを購入する際に注意すべきポイント


2013.04.16

お店では必ず実機に触れて操作感を確かめよう。 撮影:丸山光

新生活のスタートと共に、ケータイからスマートフォン(スマホ)に買い換えたい……そんな人のために、関東学院大学准教授で情報ネットワーク、情報セキュリティが専門の岡嶋裕史(おかじま・ゆうし)さんが、初めてスマホやタブレットを購入する際の注意点をアドバイスする。

 

*  *  *

 

初めてスマホやタブレットを購入する際、どんなことに注意すべきでしょうか? 家電量販店の売り場責任者の方に伺いました。

 

「まずは、スマホをどのように使いたいかをお聞かせください。従来のケータイと同じように電話やメールを快適に使いたいのであれば、持ちやすく操作しやすい機種がおすすめ。最近増えてきた映像配信サービスなども楽しみたいのであれば、大画面の機種がいいでしょう」(スマートフォン売り場の雨宮雅宏さん)

 

従来のケータイを選ぶときとは異なる注意点もあるようです。

 

「使い方にもよりますが、ケータイに比べると電池が長持ちしない機種もあります。外出時の利用が多い人は、バッテリーの容量にも注意すべきでしょう。通話時に周囲の雑音をカットして、音声を聞こえやすくできる機種もあります。電話の利用が多い人におすすめします」(雨宮さん)

 

タブレットは、10インチ程度の大画面の機種を選ぶ人と、持ちやすい7インチクラスの機種を選ぶ人に分かれるそうです。

 

「画面サイズが違っても、基本的な機能には差はないので、用途に応じて選んでいただきたいです。また、保存できるデータ容量にも注意してください。インターネットを楽しむには16GB(ギガバイト)くらいあれば十分ですが、デジタルカメラで撮った写真を取り込んだり、動画をダウンロードして楽しだりしたいのであれば、32GB、64GBといった大容量のモデルをおすすめしています」(タブレット売り場の佐藤直也さん)

 

タブレットには、パソコンと連携させて使える機能もあります。

 

「普段どのようにパソコンを使っているか、どんなソフトを使っているかなどもお聞かせいただきたいですね」(佐藤さん)

 

■『NHK趣味Do楽 なるほど便利! くらしで使えるスマホ&タブレット』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992862019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日ではじめる!5日で使える!はじめてのスマホ

2019年08月26日発売

定価 990円 (本体900円)

000000817882019_01_136

NHKカガクノミカタ 3 実験してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)

000000817872019_01_136

NHKカガクノミカタ 2 予想してみよう

2019年08月20日発売

定価 3300円 (本体3000円)