暮らし

江戸の豆腐事情


2017.10.10

『豆腐百珍』が刊行された江戸時代後期には、町人の間で豆腐が身近な食べ物に。一方、都市部以外ではぜいたく品でした。

 

*  *  *

 

日本の豆腐は、中国、または朝鮮半島から伝来したもの。伝来時期や経路には諸説ありますが、平安末期の奈良・春日大社の社務所日記に「春近(ちかし)唐符(とうふ)一種……」(寿永(じゅえい)二年(1183)正月2日の条)とあるのが最も古い記録です。鎌倉時代に精進料理とともに豆腐も広まり、室町時代以降、製造方法も全国に広がったとされています。

 

江戸時代中期には庶民の間にも普及し、『豆腐百珍』が刊行された江戸時代後期には大坂や京都、江戸の町人の間ではごく身近な食べ物に。京都で“祇園豆腐(※)”を名物とした「中村楼」、江戸で初めて絹ごし豆腐を売った「笹の雪」など豆腐を売り物にした料理屋も登場、花見の季節には庶民も田楽屋で豆腐田楽を楽しんでいたようです

 

とはいえ、諸国の庶民、特に農民にとっては長い間、豆腐はぜいたく品だったようです。『豆腐百珍』刊行から約30年後に記された『風俗問状答(ふうぞくといじょうこたえ)』には、諸国の雑煮の具として焼き豆腐や豆腐が多く登場しています。雑煮といえば正月をことほぐ料理の代表格。現在も豆腐を雑煮に用いる地方は珍しくありません。かつて豆腐がハレの食べ物だったことの名残といえるでしょう。

 

※薄く切った木綿豆腐をたまりしょうゆやたれみそで煮て、はったい粉をつけたもの。

 

■『NHKまる得マガジン 江戸グルメ本に学べ! ヘルシー豆腐活用術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000113602018_01_136

NHK出版 からだのための食材大全

2018年11月20日発売

定価 3024円 (本体2800円)