暮らし

白髪が…ボリュームが… 加齢が進んだ髪にプラスしたケアは?


2017.02.27

日ざしの強い日は、毛髪だけでなく頭皮も日焼けする!紫外線対策を万全に行いたい。イラスト:別府麻衣

年齢を重ねると、髪が乾燥しやすくなり、細く、ハリがなくなってきます。健やかな髪を保つには、さまざまな外的刺激から守るケアが必須。早めに始めることで、つややかな髪を維持できます。取り入れるべきケア方法を、美容師でヘアサロンの代表を務める野沢道生(のざわ・みちお)さんに伺いました。

 

*  *  *

 

肌と同様髪を日焼けさせない

 

肌の日焼けは気にするのに、髪は意外と無防備。でも、紫外線は髪の乾燥や傷みの大きな原因です。特に日ざしの強い夏は、直射日光から髪を守ってください。日傘をさしたり、ヘア用の日焼け止めスプレーを使うのがおすすめ。アウトドアで日ざしを浴びてしまったときは、早めにトリートメントで集中ケアを行ってください。

 

白髪を見つけても抜いてはダメ!

 

髪にちらほら白いものが混じりだすと、つい抜いてしまいたくなります。でも、抜くのは禁物! 多くの場合、白髪が生えた毛根からは、次も白髪が生えてくるので、抜き続けると毛根自体が弱ってしまい、最後には髪自体が生えてこなくなってしまうのです。白髪が少ないなら、市販の「白髪隠し」などを利用して抜かずにカバーしましょう。

 

時々分け目を変えるとボリューム感が復活!

 

分け目の髪が薄くなることはほとんどありません。でも、いつも同じところで分けていると、根元にクセがついて倒れやすくなり、ペシャンコになることはあるでしょう。ボリュームダウンが気になるなら、時々分け目を変えてみてください。髪がふっくらし、顔全体もいつもと違った表情にニュアンスチェンジできます。

 

■『NHKまる得マガジン 思いどおりの髪形に! 悩み解決 スタイリング術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000113522017_01_136

NHK出版 なるほど!の本 あなたのその「忘れもの」コレで防げます

2017年05月10日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000061992312016_01_136

中高年のデジタル手習い塾 7日でマスター!iPhone練習帳

2016年05月10日発売

定価 648円 (本体600円)

000061992392016_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 靴のお手入れ新常識

2016年10月31日発売

定価 994円 (本体920円)