暮らし

食養生のポイントは何を・いつ・どのくらい食べるか


2017.01.28

何日もお通じがなくおなかの張りや痛みに悩まされたり、下痢を起こして通勤途中にトイレに駆け込んだり。慢性的なおなかのトラブルに悩んでいる人は少なくありません。漢方の考え方によれば、その根っこは同じ。毎日の何気ない習慣からくる「冷え」が原因になっていることが多いのです。食養生のポイントを医師・医学博士の木村容子(きむら・ようこ)さんに教えていただきました。

 

*  *  *

 

地産地消で旬の食材をバランスよく食べる

 

今は一年中いろいろな食材が手に入り、遠い国から来る食材も食卓を楽しませてくれます。しかし、本来の季節でないものや、気候風土の違う地域から来たものの中には、日本人の体質に合わないものや、体を温めたい季節に冷やしてしまうものもあります。なるべく旬の食材を取り入れ、バランスよく食べることが大切です。

 

また、胃腸に負担をかける食材にも気をつけましょう。特に胃腸に負担をかける「ああ夏(なつ)か」(下記参照)は食べすぎないことです。

 

あ… あぶらっこいもの

あ… 甘いもの

な… なまもの

つ… 冷たいもの

か… 辛いもの

 

夕食から就寝までには3時間はあける

 

胃に負担をかけないために気をつけたいのは、食べる時間です。特に気をつけたいのは遅い夕食です。食べ物を消化吸収しないうちに寝てしまうと、寝ている間も胃腸は働くことになります。体の一部が活動モードになっていることは安眠の妨げになり、朝すっきり起きられない、疲れが取れない、胃がもたれて食欲がない……といった不調の原因になります。夕食から就寝まで3時間以上はあけるようにしましょう。

 

腹八分目で胃腸をいたわる

 

江戸時代の儒学者・貝原益軒(かいばら・えきけん)は、「珍味、美味の食べ物も、腹八、九分でやめなさい。十分に飽食すると、あとで災いになる」と書いています(『養生訓』)。

 

食べすぎが胃腸への負担、肥満や生活習慣病を招くことは想像に難くありませんが、現代の科学で、その災いの最たるものが明らかになっています。ショウジョウバエやマウスなどの生物を対象に行った実験の結果、餌をおなかいっぱいになるまで無制限に与えたときの70%まで減らすと、寿命が大幅に延長したというのです(※)。腹十分まで食べると寿命を縮めるということですね。「腹八分目」は、飽食の時代にこそ大切にすべき食養生といえます。

 

※参考文献/『口語 養生訓』貝原益軒 原著、松宮光伸 訳注(日本評論社) 『不老不死のサイエンス』三井洋司著(新潮新書)

 

■『NHK趣味どきっ! あったかボディーでリラックス カラダを整える温活術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000061992312016_01_136

中高年のデジタル手習い塾 7日でマスター!iPhone練習帳

2016年05月10日発売

定価 648円 (本体600円)

000061992402016_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 美文字ピラミッドで みるみる上達 ペン字レッスン帳

2016年11月28日発売

定価 540円 (本体500円)

000061992392016_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 靴のお手入れ新常識

2016年10月31日発売

定価 994円 (本体920円)