暮らし

浮く? 沈む? トマトを水に入れてみよう


2016.04.23

トマトを入れる容器は、高さがあって透明のものがわかりやすい。御倉さんはワインクーラーを愛用しています。撮影:田渕睦深

トマトを収穫したら、まず、水に入れてみましょう。すると大まかに、浮くものと沈むものとに分かれます。浮くってどんなトマト? 沈むってどういうこと? 「これですべてが判断できるわけではありませんが、だいたいの用途を決める目安にしています」と話すのはトマトの達人として知られる園芸研究家、御倉多公子(おんくら・たきこ)さん。その根拠をお伺いしました。

 

*  *  *

 

大切に育てて、やっと収穫したトマト。せっかくならおいしい方法で食べたいものですね。気になるのは、生がよいのか、加熱に向いているのかの判断。最盛期ともなると、収穫と消費が追いつかないこともあり、賢く扱う方法を知りたいところです。

 

「収穫したら、まずは水に入れて、浮くか沈むかを見ます」と、御倉さん。トマトが水に浮くか沈むかは比重の問題で、味にはさほど関係はありませんが、空洞の多いものは浮き、実の詰まったものは沈むことが多いのだそうです。

 

「ミニトマトはたいてい沈みます。大玉はぎっしりと重く感じるものでも浮くことが多いですね」

 

沈むトマトに関しては、生で食べてほぼおいしいそうですが、浮くトマトに関しては、食べてみないとわからないのがまた楽しいのだとか。「とにかく、沈んだものはどんどん生で使い、浮いたものは冷凍し、あとでゆっくり加熱調理をしたり、食べてみて考えたり。でもそんな時間が楽しいのです。何しろ、自分で育てた子たちですから(笑)」。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000817342018_01_136

データでいのちを描く

2018年03月28日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000817332018_01_136

植物は〈未来〉を知っている

2018年03月28日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000113582018_01_136

NHK出版なるほど!の本 孫ができたらまず読む本

2018年03月13日発売

定価 1620円 (本体1500円)