暮らし

配偶者の親戚とのつきあい方 4つのポイント


2015.01.01

親戚のつきあいは、自分の実家と相手の実家、さらにその身内ということに。まずは実家とスムーズにいくように心がけましょう。「清紫会」新・作法学院学院長の近藤珠實(こんどう・たまみ)さんが親戚づきあいの極意を伝授します。

 

*  *  *

 

夫や妻の実家とはどうつきあう?

 

結婚することによって、突然つながりを持つのが相手の実家です。まずは、義父母の価値観や生活習慣を受け入れること。無理に合わせる必要はありませんが、うまく寄り添って、柔軟に対応していきましょう。

 

帰省する際には、必ず手みやげを。お菓子などみんなで食べられるものが無難ですが、年に1回程度の帰省なら、実家の両親や兄嫁などにささやかな贈り物をすると喜ばれます。両親が特別お世話になっている人などがいる場合は、そちらにも手みやげの用意を忘れずに。分からない場合は義父母に相談しましょう。服装は、スーツなど堅苦しいものや派手すぎるものは避けて。

 

そして生活習慣が違っても、帰省中はできるだけ実家の習慣に合わせること。家事も「手伝わせてください。どうすればいいですか?」と自ら行動しつつ、やり方を尋ねましょう。時には一緒に買い物に行き、食材を買わせてもらう、外食に行きごちそうするなどの配慮を。状況によっては「お世話になります」と現金を封筒に入れて渡してもいいでしょう。

 

夫や妻の親戚とのつきあいは?

 

自分の身内である親戚は、両親を通じて関係ができあがっています。けれど相手の親戚はなじみがなく、どういう人がいるのか分からない場合が多いものです。すでにできあがった人間関係の中に入ることになるので、その関係を壊さないように配慮することが大切です。

 

親戚に会う機会といえば、主に冠婚葬祭。そこで注意したいポイントは次の4 つです。

 

ポイント1 義父母や年長者の指示に従いましょう。冠婚葬祭のやり方は地方によって大きく異なるので、親類内で何かある場合は、服装や金額などなんでも年長者に相談を。

 

ポイント2 うわさ話にはのらないこと。「そうですね」などと相づちを打たずに、適当に聞き流しておくことです。

 

ポイント3 財産や相続など、お金の話には一切加わらない。お金がからむ話は肉親の間でも微妙です。さりげなく席をはずすようにしたいもの。

 

ポイント4 自分の家族の自慢話はしない。親戚にもいろいろな立場の人がいるので、たまに顔を合わせたときに、自慢話のような話題は好ましく思われません。近況報告程度で済ませましょう。夫や妻へのグチも禁物。

 

■『NHKまる得マガジン いまどきの 冠婚葬祭とおつきあいのマナー』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000817212017_01_136

食事のせいで、死なないために〔食材別編〕

2017年08月29日発売

定価 1944円 (本体1800円)

000061992512017_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日でわかる!はじめてのスマホ

2017年08月25日発売

定価 972円 (本体900円)

000000113522017_01_136

NHK出版 なるほど!の本 あなたのその「忘れもの」コレで防げます

2017年05月10日発売

定価 1188円 (本体1100円)