暮らし

美文字への第一歩……正しいペンの持ち方


2014.09.15

イラスト:前田はんきち

きれいな文字を書くには、正しい姿勢でペンを正しく持ち、指をきちんと動かせるようにならなければなりません。最初は違和感を覚えるかもしれませんが、慣れてくれば書きやすさを実感してくるはずです。横浜国立大学教育人間科学部教授で書家・美文字研究家の青山浩之(あおやま・ひろゆき)さんに、正しいペンの持ち方を教えていただきました。

 

*  *  *

 

きれいな文字が書けないと悩む方は、ペンを正しく持てていないことが少なくありません。いろいろなケースがありますが、ペンをぎゅっと握り込んで持っている方が多いようです。これではペン先が自由に動かせないので、字が曲がったり、字の中のすき間がつぶれたりなど読みにくい字やクセ字になってしまいます。

 

ペン先から3cmほど上を親指、人さし指、中指の3本でつまむように持つのが正しい持ち方です。ペンを3本の指で持ったら、手首を机に固定しましょう。わかりやすく手首といっていますが、正確にいうと小指側の手のひらの側面を机に固定します。こうすると、ペン先のふらつきが抑えられ、細かい指の動きが楽にできるようになります。

68272232014_p006_01

 

練習におすすめのペン

 

硬筆の文字の美しさは、毛筆と同じような「グッと押さえて運ぶ」といった筆の運び方や筆圧の強弱、線の太い細いなども大きく関係してきます。それを硬筆で身につけやすいのは、2Bくらいの柔らかい芯の鉛筆や芯の太さが0・9mmのシャープペンシル、水性のサインペンなどです。線の太さが均一になってしまいますが、身近な筆記具ですのでボールペンで練習してもかまいません。

 

撮影:栗林成城

 

■『NHKまる得マガジン さらばクセ字! 初めての美文字レッスン』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992822019_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK 5日でデビュー!はじめてのスマホ 購入&スタートガイド

2019年06月25日発売

定価 972円 (本体900円)

000000817752019_01_136

道 天皇陛下御即位三十年記念記録集

2019年03月23日発売

定価 2160円 (本体2000円)

000000817732019_01_136

ビッグ・クエスチョン

2019年03月14日発売

定価 1620円 (本体1500円)